、そのパラメータのところに値を書くか、直前にマッパーを置いてそのパラメータに値を差し込めば、サブフローに値を渡すことができます。

戻り値についても、サブフロー側で、公開フロー変数に値を設定すれば、メインフロー側でサブフローコンポーネントの直後にマッパーを置けば、
ストリーム変数というところに、サブフローの公開フロー変数が表示されますので、そこから値を取得することができます。

文章で書くと、ちょっと分かりにくいですかね?